園について

「顔の数だけ個性がある」

小さなからだに独自の個性や能力を秘めて生まれてくる子ども達。その個性
や能力は適切な
時期に適切な指導を与えることですばらしい発達を見せるものです。
そして周りにいる大人や互いに育ち合う友達との温かい心の触れ合い
を通して人となっていくのです。
個性とは人と人との結びつきの結晶なのです。

「顔の数だけ個性がある」

特色

毎日遊ぼう

「毎日遊ぼう」

今日は何して遊ぶのかな?おもしろいかな?と心弾ませてくる子ども達。園では毎日子ども達の好奇心や冒険心(探検心)をキャッチし、遊びにつなげていきます。そこで、おもしろい!!楽しい!!またやりたいと思うことで、主体的に「自ら学ぶ力」をつけていくのです。
子どもの遊びは学びです。大切に育てたい力です。

料理デー

「料理デー」

4・5才児は、週一回の料理デーがあります。準備から片付けまで、友達や先生と一緒に行い、この中で物事の段取りや後始末についても学べます。また、食べ物の重要性にも気付き、「命」についても感じ始めます。「おいしい」だけではない食育を目指します。

日本の文化を大切に

「日本文化を大切に」

季節行事はもちろんのこと、祝祭日についてもその由来や成り立ちを伝えていきます。
忙しい毎日の中で日々を感じながら丁寧に気持ちを紡ぐことは、心の育ちにとって大切なことなのです。

新幹線

「新幹線が見えるよー」

保育室から新幹線がよく見える園舎ってなかなかありません。東へ西へ、前を向いて走り抜ける新幹線を見ていると、まるで未来に向かって進む子ども達のようです。

防災

「防災」

当園では地震・津波・暴風雨・竜巻等の自然災害に対して見直しや不審者進入防止等の検討・見直しを行い、園児・教職員の人的被害、また建物の被害を最小限にくい止めることを目的として、一ヶ月に一回以上の訓練を行うなど安全対策においても力をいれております。避難場所までの避難する歩行訓練。さらに、自治体とも連携を蜜にしているため、町内の防災訓練にも参加し、自治会役員方々とも交流しています。
自然の計り知れない力と戦うため、人的被害を少なくするために、引き続き対策を考えていきたいと思います。

大いなる力に感謝

大いなる力に感謝する心

「生命」と「感謝」をもって学校法人頭陀寺学園の建学の精神とする。当学園は学校教育法及び教育基本法に基づき、仏教の宗教的精神を涵養せんがために設立されたものである。
その宗教的精神とは“生きる力”と“感謝の心”である。植物は常に太陽に向かって花を咲かせる。このような植物の生命力のように、自らの未来を思い、確実に一歩一歩自ら生きていく力の根源を育てたい。
また生きることは、大いなる生命に生かされることである。花を咲かせるためには水、空気、養分と太陽が必要である。これらはすべて宇宙の大いなる力から、与えられるものである。この大いなる力に気づいた時、感謝の心が生まれてくるものである。
このように自ら生きようとする生命力と、多いなる力に感謝する心を涵養することである。

アクセス

アクセス

学校法人頭陀寺学園 若林こどもの園(幼保連携型認定こども園)

〒432-8051 静岡県浜松市南区若林町2658番地1
電話 : 053-401-3786